スポンサードリンク

23区の家賃の相場は?

23区の家賃相場

東京23区の家賃の相場は、当然であるが間取りによって違う。また人気の区と家賃相場が必ずしも一致していない。

ワンルーム、1K、1DKでは、相場順では港区の11万円前後に続き、千代田区、中央区になる。

相場が安い順では葛城区、足立区、江戸川区になり賃料は6万円からとなっている。

ワンルームは単身者もしくは若者が借りる場合が多いが、若者に人気のエリアは杉並区となっており家賃相場も6万円から7万円前後である。

一方ファミリー向けの賃貸物件であれば、間取りは3LDK以上の間取りを候補に考えるだろう。港区が一番高く、34万円前後である。

千代田区、中央区もそれに続く。

安い順ではワンルームと同じように、葛飾区、足立区、江戸川区の11万円から14万円前後となる。ただしこの比較は単純に間取りで相場を比較しているので、㎡で相場を考えるとまた違った結果になるかもしれない。

だがあくまで相場であり、実際不動産を巡ってみると、同じ葛飾区のワンルームでも家賃は倍近く違うものがある。

20㎡にも満たない部屋は3万以下であるし、30㎡を超えるワンルームは6万の家賃である。

これは広さだけでなく、駅からの距離や利便性、築年数などを考慮して家賃が上下する。

不動産には掘り出し物はないという言葉をよく聞くが、掘り出し物の基準は人それぞれである。

家は築年数が古ければ建物の価値がゼロに近くなる。

しかし、交通の便が良い所や、環境が良い所にある家は、家屋そのもの以外の付加価値も含めて決められる。

それがよい立地で、相場より安いと考えるなら掘り出し物だと言えるのではないか。

木造の家と鉄筋コンクリートの家では、耐久性の問題から鉄筋コンクリートの家は価値が下がりにくい。

部屋や家を借りる場合も、相応の家賃が設定されているので、安いからと単純に決めるのは危うい。

相場に対して安い場合は、設備の古さや、駅から遠いといったなんらかの理由がある。周囲の住宅環境も家賃に影響する。

だが同時に自分が希望する物件と、周囲が評価する物件にはわずかに差がある。

例えば駅から遠い物件でも自転車での移動が多い場合は、無理して駅の近くの高い物件に住まなくて良いことになる。

条件をすべて満たす物件はなかなか見つかりにくいのではないだろうか。

物件を選ぶときには、実際に足を運び、周囲の環境を良く観察するとよい。

  • 近隣にスーパーがあるか
  • 近隣に医者があるか
  • 徒歩の範囲に交番があるか

自分にとって必須の条件を絞り込んで調査することでどのような住環境がよいか見えてくるはずだ。