スポンサードリンク

敷金・礼金・家賃の意味と心得

敷金礼金家賃東京に住むことにあこがれる男女は少なくない。「本物」が集まる場所であり、ショッピングなど地方には展開していないものが数多くある。

他にも利便が良いことが挙げられる。車を持たなくても、電車やバスといった公共の乗り物の手段が多く、また本数も多いのだ。

住環境はどうだろうか。高い家賃に敷金礼金を用意しなければならず、初期費用は多大になる。そもそも敷金礼金とはどのような役割をするのだろうか。

敷金礼金は、契約金の一種で賃貸住宅を借りる際に発生するものである。

 

 

敷金とは?

敷金とは、貸主(大家さん)が借主(借り手)へ部屋を貸す際に、解約時の部屋の修理や家賃の滞納などの保証の為に設けています。
敷金を契約時に設けてることで、後々のリスクに対して対策と考えると良いかもしれません。
また、家賃が滞納された時の保険の意味合いも持たせてあることもあります。
解約時に敷金が丸々使われない場合はある程度の割合で戻ってくることもありますので、契約時や解約時には、貸主(大家さん)と借主(借り手)側でよく話し合われるのが良いかと思います。

敷金とはいわば大家にとって物件を原状回復するための資金である。当然、借主が借りる前と近い状態で退去したならば、原状回復にかける金額は少なく済み、入居前に預かった敷金の返金は同額に近くなる。

他にも敷金の役割りは、借主が家賃滞納を行った場合の担保になる。平均して一か月から三か月の相場になり、ペットと居住を希望するなら、さらに一か月分上乗せする場合も有るようだ。

礼金とは?

礼金とは、そもそも大家に対しての儀礼的なあいさつの意味が込められていた。昔は賃貸物件の数がそれほど多くなく、また大家と借主の接点が多かったためとみられる。しかし現在では不動産の仲介手数料へと意味が変わり、取引した物件の家賃の一か月分を上限に設定されている。礼金は不動産にとって物件の広告料になり、また大家もそれが当たり前だと思っている方も少なくないようだ。

さて、退去時に原状回復についてだが、経年劣化による損耗は敷金からは引かれない。物件に喫煙者がいた場合、壁紙は黄色く変色していく。他にも壁に掲示物を張っていると、貼っていない所の差が日焼けによってできてしまう。このような場合は経年劣化によるものと判断される。これはクリーニングによって汚れを落とすことが可能だからだ。つまり通常の生活を送っていれば、それほど気にすることではないことになる。

しかし、水漏れの放置や意外にも過剰なキッチンの油汚れなどは善管注意義務違反として、借主負担になる場合がある。そこで東京では原状回復の原則を、国土交通省が発表したガイドラインに基づき説明する義務を仲介業者に課した。これにより大家の判断と借主の判断の差異が小さくなる。このように基準を明確化することによって、トラブルを未然に防ぐことになっている。

 

家賃とは?