スポンサードリンク

東京へのIターン転職・居住を考える

Iターンで東京に

人口還流現象の中に、Uターン現象やIターン現象と呼ばれるものがある。

Uターン現象とは、地方で生まれ、その後進学や転職を都市部で行い、後に生まれた故郷に戻って住むことを言う。

対してIターン現象とは、Uターン現象とは主に都市部で生まれた方が、出身地とは異なる地方へと移住することである。

Iターン現象は、地方でも地域活性化のために歓迎する動きが出ており、Iターン支援金などの制度も自治体によっては行っているようだ。

地方としては優秀な人材を受け入れたいという思惑に対し、Iターン検討者は地方の自然に恵まれた環境で暮らしたいという双方の意見が合致した形となっている。自治体によっては支援の内容は違っている。

1. 十数年移住先に住めば、土地家屋は無償で譲渡されるもの。
2. 子育てに関する援助。
3. 資金の援助。

などなど。

援助方法は単体もしくは複合的で、移住者にとって住みよい場所となるよう自治体も工夫を凝らしている。

だが、転職サイトにおいてはIターンの意味合いが少し変わってくるようだ。

Iターンは主に都心部から地方への移住を意味していたようだが、転職サイトでは地方から東京・都心部への転職することもIターン転職と言い表している。

どちらにおいても、生まれ故郷ではない場所での移住なのだから間違ってはいないだろう。

地方への移住にもメリットはあるが、都市部への移住にもメリットはある。

それは衣食住環境が、総合的に充実しているということだろう。

また利便性が良く、車を持たなくても公共の乗り物を利用してさまざまな場所へ移動することができる。

地方へのアクセスも良好だ。商業施設や娯楽文化施設も充実している。他にも医療福祉や教育が充実しており、選択の幅は広い。

特に東京都の23区では先進医療を導入している病院が全国と比較して最も多い。

教育に関しても、公立だけでなく私立も数多くあり、家庭の教育方針に合わせた学校の選択ができる。

これらの施設や学校の充実は、子供の心身に様々な良い影響を与えているようだ。子供にとって自然に囲まれた地方での暮らしが、都心部での暮らしに劣るわけではない。

ただ両親の多様性に富んだ教育方針に都心部では対応できる可能性が高いということだ。

東京都心部にIターンを検討している方には、将来自分がどのように過ごしたいかということも含めて考えると良いのではないだろうか。