東京でのライフラインに関する手続き

電気水道ガス東京に引っ越してきたは良いものの、住環境で必須のライフラインについてどのような手続きがあるのか?

電気、ガス、水道、電話・インターネット回線は引越しをする直前まで使用し、引越しした直後から必要になるものですので、知っているのと知らないのでは段取りがスムースに運ぶかの別れ目ですので、きちんと整理しておきましょう。

引っ越し前に各事業者に連絡のうえ、使用停止(または中止)手続きと使用開始手続きを連絡・相談して進めることをオススメします。

スポンサードリンク

引っ越す時(転出時)はどこに連絡すれば良いのか?

電気

電力会社への連絡は、領収書にや検針票に記されているインターネットのサイトにアクセスして相談するか、営業所に直接電話をすることになります。

そこで引越しする旨を伝えれば、引越し当日に担当者が来訪して、直前までの使用料をメーターを確認のうえ精算することになります。

電力会社への連絡は引越しの1週間前にはすませておきましょう。

水道

水道に関する連絡は、水道料金の領収書や検針票に記されている水道事業者の営業所に電話で連絡をします。

そこで引越しする旨を伝えれば、引越し当日に担当者が来訪して、直前までの使用料をメーターで確認のうえ精算することになります。

水道事業所への連絡は1週間前にはすませておきましょう。

ガス

ガスに関する手続きは、領収書や検針票に記されているガス会社の営業所に電話で連絡をします。
そこで引越しの旨を伝えれば、引越し当日に担当者が来訪してメーターで確認のうえ精算することになります。
ガス会社によってはインターネットでも手続きが可能な場合もあります。ガス会社への連絡は引越しの1週間前にはすませておきましょう。

電話・インターネット回線

契約しているプロバイダに相談しましょう。ネットで契約しているプロバイダのサポートページにログインして、引っ越しについて明示していないか確認してみましょう。
引っ越し後も同じプロバイダを継続できることも多々あるので、引っ越しに特化したサービスがないかも伺ってみるのが良いでしょう。

引っ越してきた時(転入時)はどこに連絡すれば良いのか?

電気

電力会社への連絡は引越しの1週間前にはすませておきましょう。
新たな引越し先では、部屋内にあるブレーカーのスイッチを入れればすぐに電気を使用できます。
ただし、ブレーカー周辺や玄関などには「電気使用開始申込書」という書類が置かれているので、これを記入のうえポストに投函するのを忘れずに。

水道

新たな引越し先では、家屋の周囲にある水道のメーターボックスを確認しましょう。そのなかにある水止め栓を左に回せば水道が使用できるようになります。
そしてこちらも「水道使用開始申込書」というものが備えられているので、これに記入のうえポストに投函するのを忘れずに。
まれに「水道使用開始申込書」が用意されていなかったり、水止め栓をひねっても水が出なかったりすることもあるようなので、そんなときな管轄の水道事業者へ連絡を。
いずれにしても、水道の場合は自治体によって方法が手続きが異なる場合があるので、不明点があった場合は水道事業者で問い合わせてみてください。

ガス

新たな引越し先では、電気や水道とは異なりガス会社の担当者が直接訪れて、立ち会いのもとに開栓および安全を確認します。
つまりガスの場合は、連絡の不備があるとすぐにガスを使えないということもありえるわけです。事前に引越し日をしっかり指定しておきましょう。

電話・インターネット回線

賃貸住宅の場合は契約会社が決まっていることがあるので、事前に賃貸住宅の管理会社に確認しましょう。指定がある場合は、その案内に沿って手続きを進めましょう。