スポンサードリンク

東京での女子会

女子会

仕事をしている女性にとって、気軽に盛り上がれる女子会は、ストレス発散の場となっているようだ。

女子会の語源は、居酒屋チェーンの女性専用プランメニューの名前から来たものである。

店の名を「笑笑」といい、日本外食チェーンストアのひとつであるモンテローザが展開している居酒屋である。

夜に行う女子会は、酒の勢いに任せて日頃言えないことや、男性が傍にいる時には話しづらい話題、さらにはお洒落についての情報発交換など幅広い分野の話題が飛び交う。

女子会での目的はストレス発散であるから、難しい仕事はしないというのが暗黙の了解となっているようだ。

しかし、実は一見無駄に思えるような話題が、次の企画のアイデアとなることもあり、なかなか女子会を侮れないのではないだろうか。

しかし、残念なことに、女子会への参加が苦手と思う女性も一定数はいるようだ。そこには女子会のデメリットが背景にある。

女子会は酒の勢いで盛り上がることを趣旨としているため、だらだらと長時間同じ話の内容になりかねない。

また女性が多く集まり興奮度が高まると、高い声は周囲の迷惑になってしまう。そのようなことが苦手と感じる女性にとって、女子会のデメリットばかりが目立ってしまうようだ。

しかし、女子会というものは、コミュニケーションツールのひとつだ。

女子会の誘いをすべて断っていると、いつの間にか社内で孤立しているという事態になりかねない。

断る時は、ランチになら参加できるなど代替案を出したり、会の最初に顔を出す程度でも好感度は違うようだ。

女子会そのものをランチの時間に行うのもひとつの方法だ。これならば時間は限られているし、酒に飲まれずにある程度の自制はきく。最近では、女子会を歓迎する店が増えているようだ。

雰囲気重視なら落ち着いたカフェで行うのも良いし、ホテルや温泉で行えば仕事の疲れを同時に癒すこともできる。親しい間柄であれば、がっつりと肉を中心とした店で女子会を行うのも良いだろう。

都心での飲食店は、専門性の高い料理から家庭的な料理まで幅広いジャンルがそろっている。女性同士の楽しい会話だけでなく、おいしいお店の開拓という目的も兼ねれば、女子会は一層楽しくなるのではないだろうか。