東京での住みやすさの基準

住居環境の良さ

住みやすさの基準は?

国土交通省の調べでは、住みやすさの基準は以下の通りとなっています。

1. 自然環境が良好である
2. 住環境や利便が良い
3. 就業機会が豊富である
4. 災害の心配がない
5. 福祉医療が充実している

逆に住みにくい環境とは?

反対に住みにくい環境についてですが、
1. 就業の機会が不足している
2. 利便性が悪い
3. 街のにぎわいが不足している

 

住環境のポイントは?

ビルや工場に囲まれた地区よりも、公園でのんびりと過ごすことができる地区の方が住みやすいと感じるようで、自然環境が整っている場合、心身ともにリラックスすることができるようです。

利便性については、出張や通勤などで公共の乗り物が充実していない場合、車や自転車といった代替案が必要になります。

自家用車をよく利用するならば、道路は広くよく整備されたところが良いでしょう。

中高生では車に乗ることはできないので、やはりバスや電車の本数がある方が便利です。

就業機会が豊富ということは、豊かな生活を得るためには必要な事ですね。

しかし住みやすさとは個人のライフスタイルによって感じ方が違うだろう。

快適性のみで住みやすさを比べてみると、上位は杉並区や世田谷区になっている。

杉並区や世田谷区では賃貸物件の相場が安く、大型のスーパーが多数あり日常生活に不便なく過ごすことができるようだ。

また池袋や新宿へのアクセスも良好で、利便性も良いと言えるだろう。

治安で比べてみると、労働人口が多い中央区になる。

中央区では地域の防犯対策に力を入れており、犯罪は少ないようだ。文京区も学校や交番が多いことで知られており、犯罪が少ないと言える。皇居がある千代田区は防犯意識が高く、女性が一人暮らしを考えるならば千代田区あたりが良いかもしれない。

医療福祉が充実して住みやすいと考える区は、千代田区である。

これは人口一万人に対し、どれだけの数の病院があるかということで考えられる。

次いで港区、渋谷区と続くようだ。病院は普段行かないと思っていても、ふとしたことでお世話になることがある。

病院の数が充実していないと、いざという時に対応できない恐れがある。

このように住みやすさを比べる場合でも、基準が違えば住みやすい場所も変わってくる。

住みやすさを求めるならば、何を基準にするか考えると良いのではないでしょうか。



23区のホームページ

足立区

荒川区

板橋区

江戸川区

大田区

葛飾区

北区

江東区

品川区

渋谷区

新宿区

杉並区

墨田区

世田谷区

台東区

中央区

千代田区

豊島区

中野区

練馬区

文京区

港区

目黒区